新・図書館学シリーズ 11
改訂 児童サービス論
中多 泰子 編集
汐﨑 順子・宍戸 寛 著
改訂 児童サービス論
在庫あり
twitter ツイート facebook いいね!
ISBN
改訂版
A5判   193頁   本体1,900円+税

内容紹介
あらゆる年代の人々が利用する図書館において,児童サービスは図書館サービスの基盤であるという認識で,その基本知識から実際までを解説。また,子どもの読書をめぐる状況の変化をふまえて,実践に役立つよう配慮。
目次
第1章  子どもの読書と児童図書館
第2章 児童資料 種類と特性/選択と組織化
第3章 児童図書館サービス 意義および児童図書館員の専門性/児童室の企画,立案,運営,年間計画,施設,設備/読書への導入と展開
第4章 ヤングアダルト・サービス
第5章 子どものいる施設等との連携・協力
第6章 児童資料研究者に対するサービス
児童青少年の読書資料一覧


ページの先頭へ戻る