孝謙女帝の遺言
芸亭図書館秘文書
佃 一可 著
孝謙女帝の遺言 芸亭図書館秘文書
在庫あり
twitter ツイート facebook いいね!
ISBN
四六判   247頁   本体1,700円+税

内容紹介
我が国で初めての公開図書館・芸亭を設立した石上宅嗣。物部氏の直系である宅嗣のまなざしを通して,激動の孝謙女帝時代を描く。繰り返される政変,つぎつぎと交代する権力者,定まらぬ皇位継承。そのなかにあって,宅嗣は「芸亭」をなぜ創始したのか。図書館に求めた知識とは,何であったのだろうか。
斬新な着想で描かれた図書館好き必読の歴史小説。
目次
盧舎那仏/石上/懐風藻/立太子/昇進/蒼井/謀反/奈良麻呂/相模の大地/渤海/清河/帰京/光明子死す/遣唐副使/看病僧/天皇/宿奈麻呂の男気/真備/仲麻呂謀反/重祚/芸亭/不破内親王/和気清麻呂/宇佐八幡/忍基/冤罪/阿閦寺/由義宮/雄田麻呂/白壁王/百万塔陀羅尼/改元/皇后/芸亭なる/遣唐使/祝宴


ページの先頭へ戻る