教育学テキストシリーズ 9
生徒指導の理論と実践
渡部 真・伊藤 茂樹 著                   
生徒指導の理論と実践
在庫あり
twitter ツイート facebook いいね!
ISBN
A5判   213頁   本体2,000円+税

内容紹介
第Ⅰ部で,人間がおとなになっていくことの意味や個人と集団の関係,内省的な青少年の問題などを考察。第Ⅱ部で,生徒のさまざまな問題行動を社会や学校教育と関連づけながら歴史的に理論を展開。
目次
[第Ⅰ部] 生徒指導を考える
 第1章 大学で「生徒指導を学ぶ」とは?
 第2章 教師と生徒
 第3章 大人になるとは?
 第4章 個人・集団・社会
 第5章 孤独な心
[第Ⅱ部] 生徒指導と現代社会
 第6章 問題行動をどうとらえるか
 第7章 欠乏と非行,子ども観
 第8章 少年の分化と反抗
 第9章 少年非行「第3のピーク」と「教育問題」
 第10章 「非社会的」問題行動と教育
 第11章 問題行動の今後


ページの先頭へ戻る