書物史研究の日仏交流
日仏図書館情報学会 編
書物史研究の日仏交流
在庫あり
twitter ツイート facebook いいね!
ISBN
A5判   234頁  


内容紹介
近年の日仏書物史研究の成果を収載し、併せて両国の共同・連携研究への展望を提示する。
日仏図書館情報学会創設50周年記念出版。
目次
Ⅰ 在仏和古書の研究
フランスの和古書コレクション:各所での調査と発見
フランス国立図書館所蔵『酒飯論絵巻』写本に関する共同研究プロジェクト(2010-2012年)
アンリ・リヴィエールとその江戸期版本コレクション:ギメ東洋美術館図書館所蔵

Ⅱ 日仏共同計画
国立国会図書館電子展示会「近代日本とフランス」のできるまで
Web 時代のマザリナード・プロジェクト:日仏共同研究プロジェクトの展望

Ⅲ フランス書物史・印刷史:日本研究者の視点
「近世フランスの書物と社会研究」 と私
書物史探訪ところどころ
モンテーニュ『エセー』と、その「特認」について
画家プッサンと1614-19 年のパリの出版史
アルド・マヌーツィオとフランス
日本文化史上のプランタン:16世紀フランス人印刷業者の偉大


ページの先頭へ戻る